健康

2015年02月21日

ヨガ

マンションの友達がヨガの先生を呼ぶことになり、おもしろそうなので体験させてもらうことにした。

部屋にはインド風のBGMが流れ、アロマオイルの香りが漂う。

まず先生は手首にアロマオイルをつけてくれた。
女性にはとてもいいオイルだそうだ。

足首をぐるぐる回してほぐす。

立ち方は足の指を開くように・・・
(全然開かへんよ)

呼吸をしながら手を上に・・・
(息が続かへん!)

次々に変わる先生のポーズを横目で見ながら真似をする。

先生のポーズは徐々に難しくなっていった。

仰向けに寝転び左足左手を上げてからめ、足の指の間に手の指を入れ・・・

両手両足を縛られた豚みたいな状態で先生が左右に体を揺らしにきた。

死ぬ〜!!

「む、無理ですっ!!」

ブリッジに至っては全く頭が上がらない!
ところが、しばらく先生がお腹に乗った後でブリッジをすると、少し頭が上がった・・・

すご〜い!
もしかしたらできるんちゃうん!!

首に問題のあるお笑い部長は先生によるスペシャルマッサージを受けて悶絶の表情を浮かべていた。
私は笑いをこらえるのに必死やった。(ごめん)

いやぁ・・・なかなか有意義な1時間を過ごさせてもらった。

夜もぐっすり眠れたし・・・
(それはいつものことやけど)

朝から全身筋肉痛になったんは言うまでもない・・・v( ̄∇ ̄)v


rumichan2525 at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年02月01日

大腸がん検診結果

大腸がん検診の検査結果を聞きに行った。

予想通り、4人待ちで小一時間待った。

大腸がんについては問題なしと言われた。

せっかく話す機会を頂いたついでに、秋に皮膚科を受診した時の血液検査の結果を渡して見てもらった。
基本はアレルギーの検査やってんけど、コレステロールが高めと言われたので一応報告しておこうと思って…


「昨年の1月の血液検査でも高めでしたけど、善玉コレステロールが多目なので大丈夫ですよ。
それに皮膚科の検査では減っているぐらいですよ。」

「やっぱり動物性脂肪は控えた方がいいんですか?」

「バターをマーガリンに変えてもあんまり意味はないんですよ〜。
それなら少なめに塗る方がいいですよ。」

「最近オリーブオイルを塗ってるんですが…」

「それはいいことですよ〜。」

しかし、最近体脂肪が増加気味やねんけどな…
まぁ、そこは触れんとこ…v( ̄∇ ̄)v


rumichan2525 at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月28日

大腸がん検診

堺市から大腸がん検診の無料クーポン券が送られてきた。
40,45、50、55、60歳の人に送られてくる市からのプレゼントってことかな…

期限が今年の3月なので、ぎりぎりになって慌てないように、かかりつけのH内科に行ってきた。
まずは検便をとるための容器をもらわなければならない。
とった検便を提出すると1週間後には結果がわかるという流れやった。

検便キットをもらうぐらいすぐやろ〜
と思っていたが、そこは患者さんが4人しかいなくても待ち時間は1時間かかるH内科…
「検便について看護師が説明させてもらいますのでしばらくお待ちください」と受付嬢に言われて、ゆったりしたソファーでくつろぎながら待つことになった。

しばらくすると待合室の男性患者さんの息遣いが荒くなってきた。

近くにいた他の患者さんも異変に気づいたが受付嬢は全く気づかない。
患者さんはますます苦しそうにしている。

誰も声を出さなかったので、勇気を出して受付嬢を呼んだ。
「す、すいませ〜ん!しんどそうにしてはりますよ〜」

「あ、ありがとうございます!」
やっと受付嬢が様子を見に来てくれた。

しばらくすると、先生も出てきてた。
「過換気やなっ!ペーパバックしよう!」
と言いながら、ソファにしがみついている患者さんを先生ひとりでえっちらおっちら抱えて車いすに…

その時、まくれ上がったシャツの向こう側にはTATTOOが顔を出した!

ひぃ!危険ドラッグでもやってるんとちゃうやろな!!

そんなこんなで待ち時間は40分に…!!
看護師さんがやっと来てくれて、
「説明書に取り方が書いてありますので、2日間検便が取れたら持ってきてくださいね。」

そんなん受付嬢でも説明できるやん!!(笑)

「保存は冷蔵庫でね」

あ、これが看護師さんしか説明でけへんことやな!


…え!?
冷蔵庫に検便入れるんっ!!!v( ̄∇ ̄)v


rumichan2525 at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月09日

頭痛

毎日暑い…
昨年の今ごろ、ホットフラッシュと頭痛、耳なりに悩まされて婦人科を受診して以来、ホルモン補充療法を続けている。
最初はジュリナという薬だけやったんやけど3ヶ月ほどたった頃から、子宮がんの副作用を防ぐ目的でプロベラという薬を月に10日間だけ飲んでいる。

先月その薬を飲んでいる期間中に頭痛とめまいがあった。
一回だけやったし、その薬のせいかどうかはっきりせ〜へんかったので一応婦人科の先生に報告して、様子を見ることにした。

そして今月もプロベラを飲んで3日目ぐらいから少し頭痛があり、月曜日にはひどい頭痛と歯茎からの出血。
火曜日には頭痛に加えて歯が痛み出した。
我慢できなくなって、夕方、歯医者さんを受診。

どの歯が痛いかをチェックした後、頭のどの辺りが痛むか聞かれた。
「こめかみと耳の下の辺です。」
うつむいたまましばらくじっとさせられ、
「どの辺が痛む?」
「左のほっぺたの辺りです」
「念のため、歯全体のレントゲンを撮りますね」

レントゲンの写真を見ながら先生が説明を始めた。
「これはちくのうですねぇ…!」
「え〜〜〜〜!?」
「風邪ひいてない?」
「いえ、全然ひいてないです。」
「この左のほっぺたの辺りが白くなってるのは炎症を起こしていることを示しています。
歯の根っこはここと繋がっているのでこの2本の歯が痛むんです。
歯自体は悪くないので、抗生剤を飲んで様子をみましょう。
抗生剤は6日間きっちり飲んでくださいね。
鎮痛剤は炎症を抑えるための物なので、これも6日間、ちゃんと飲んでね。」
「はい…」

ちくのうという診断には驚かされたけど、炎症を起こしているのは確かやし、抗生剤を飲むことで痛みが消えるのは想像できた。
その夜、37度7分熱が出た。
鎮痛剤を飲んでも熱はなかなか下がらず、次の日もまだ熱っぽかった。

(ジョギングも休まんとあかんなぁ…)

薬を飲んで3日経ち、ようやく症状もおさまりつつある。

夏はアカンなぁ…


rumichan2525 at 09:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年07月15日

シェイプアップ講座

中学校のPTAのイベント「シェイプアップ講座」に参加してきた。

毎年、恒例になっているんやけど、私は2年ぶりの参加。

一昨年の講座と内容はほとんど同じなんやけど、再確認の意味合いもあるし、この講座では体脂肪率を測ってくれるので、一昨年のデータと比べることもできる。

一昨年と変わった点は…
講師の吉武先生が、健康支援プログラムのサイトを作られたということ。
毎日簡単なチェック項目を入力していくだけで健康的にシェイプアップできるとか…

ためになる講義を聞いた後は、お待ちかねの測定会…
DSC_1993

DSC_1994

一昨年より身長が縮んで体脂肪率はアップ!!!

隣に座った人がにこやかに言った。
「腹痛!さんは運動もいっぱいしてるみたいやから体脂肪率低いんでしょうね〜!」
半袖のTシャツからスラリと伸びた腕…
見るからに無駄な脂肪がついていないその人の体脂肪率は21%台やった。

私の体脂肪率は22.7%

一瞬の沈黙がふたりの間に流れる…

おいおいっ!( ̄▽ ̄;)

「私は筋肉のつきにくい体質なので…」と軽く言い訳…

でも、たぶん甘いものは辞められへんから、これからもあんまり無理せず楽しく運動を続けて細々とシェイプアップに努めることにしよう!




rumichan2525 at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月11日

更年期

この夏2週間ほど頭痛が続き、その後、3日間ひどい耳鳴りに苦しんだ。
ちょうどお盆で、しょうこのコンクール予選の頃。
ちゃんと弾いているはずのピアノの音も西部のピアノみたいに狂って聞こえる
繊細で美しいコンクールの音楽も、うまいんか下手なんか正直わからへんかった…
(T_T)

「これはお盆明けに耳鼻科に行かなあかんなぁ…」
と思ったが耳鳴りは3日でずいぶん良くなったので、まずは気になっていた婦人科へ行くことにした。

実は、3年ほど前から冬の間半年ほど生理がこなかった。
今年は夏になってもまだ来ない。
もしかして…

と思って、三国ヶ丘のSレディースクリニックへ。
先生は女医さんで、内診をしてくれた。
「これは〜もう来ないみたいね」

内診でわかるってすごいなぁ!!

とりあえず血液検査も受け、1週間後に結果が出た。
女性ホルモンであるエストロゲンの値が10.0以下。
卵胞刺激ホルモンが89.5。

これで更年期決定…
女性ホルモンを補充するために、ジュリナという小さな薬を3ヶ月ほど飲むように言われた。

更年期の症状はいろいろあるけど、たとえば鬱…
女性でなくなったような寂しさを感じ、なんとなく落ち込んでやる気がなくなる。
(この夏は確かに何事もヤル気なしやった)
その他、頭痛、耳鳴り、ホットフラッシュ。
人によって違うけれど、いろいろな症状が出る。

私の場合、急に汗が吹き出してくることが日に5~6回ある。
頭痛はガンガンではなくてず〜っと重た〜い感じ。
鎮痛剤もあまり効かなかった。
耳鳴りは、「ゴ〜ッ」という音が耳の中で鳴り響き、水の中にもぐりっぱなしの感じやった。
コップが触れ合うかちゃかちゃ音が耳につきささって耐えられへん感じがした。


ホルモンの異常といえば、高校2年の時にバセドー病にかかって、3年ほど苦しんだことがある。
その時は心拍数が常に120を超え、微熱が続き、昼間でも眠気に襲われた。
高校では保健室に何度もお世話になった。
楽しかったテニス部の活動も全くできなくなってとても苦しかった。

だからホルモン系の病気はちょっと嫌やねんなぁ…

でも、体調が悪くなると、元気に生きていられることのありがたみもわかるし、時間を大切にしようという気持ちも強くなる。
元気になったらあれもこれもしたいなぁっていつもよりず〜っと思う。
そういうことも必要なんかもしれへんね。

と、思うことにするわ。


rumichan2525 at 14:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年07月21日

完治宣言

やっと完治しました。

【ビフォー】
DSC_0885


【アフター】
DSC_1272


長かった〜…


rumichan2525 at 11:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年06月11日

6日 抜糸

このところ毎日バタバタしていてブログをアップする暇がなかった。
書きたいことがいっぱいあるのでひとつずつ書いていくことにしようと思う。

水曜日は抜糸の日。
ずっと車で通っていたが、この日は自転車で行ってみることにした。
歩くより自転車の方がずっと楽やし…

診察券を出して、30分程待って処置室に入った。

にこやかに現れた先生がぷちぷちと糸を切る。
糸が引っ張られる感覚は、なんとなく気持ち悪い。

「途中で化膿した時期があることと、傷口が大きかったので治りが遅いようです。
薬を変えるので、来週また診せてください。
お風呂にはガーゼを当てたまま入ってくださいね。」

「はい」

「歩くのはかまわないけど、あんまり多く歩いたらあかんよ。」

「はい」

「小走りぐらいならいいけど…」

えぇ〜?小走りって!!!v( ̄∇ ̄)v


「そうそう!検査の結果、伝えてたっけ?」

「いえ、聞いてません」

「あ、やっぱり…
悪性ではなかったから安心してください。」

「そうですか」

「では、お大事に」

先生はにこやかに去っていった。

やっと糸が抜けた〜。
でも完治まではもう少しかかるということやなぁ…


rumichan2525 at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月01日

術後の傷

手術してからずっとびっこをひいて歩いていた。
すると、右足の膝が痛み出した。
お医者さんに相談してみたら、「すり足みたいな感じで歩いてみたら?」と言われた。
左足をすり足ね…
この動き…
何かもったいない!

ということで、
P1090105

百均でこんな物を購入。
P1090106

これを履いて部屋を歩けば掃除できる。

一石二鳥やん!

しかし…

このふさふさが曲者。
右足で踏んづけてこけそうになる。
こんなことで傷口が開いたら、元も子もない。

という訳で、この素晴らしいアイディアはあっさりボツとなった。


その後、おとなしく過ごすこと約2週間。
自分で消毒する許可がおりた。
初めて見た傷口は黒い糸にしっかり止められていた。

傷口1←見たい人はクリック。

その後1週間して1本だけ抜糸。
「本来2本抜糸できるんやけど、痛そうやからやめておきます。」
お医者さんはそう言った。

傷口2←見たい人はクリック。

一番右の1本だけが抜き取られている。

そしてこの日から普通に歩くように言われた。
「痛くなったり化膿したらすぐ診せてね」と言い残し、先生は笑顔で去っていった。

普通に歩くって…ど〜やって歩くんやったっけ。

3週間もびっこで歩いていたせいで、それが普通の歩き方になってしまっている。
なかなか普通に歩かれへんし、左足をつくと少し痛みが走る。

こんな状態やけど、来週には完全に抜糸できるらしい。
やっと運動できるようになる…のかな?



rumichan2525 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月16日

ホクロ取ったどぉ!

マラソン、同窓会という大切なイベントが終わると、私にはつらいイベントが待っていた。
そう、足の裏のホクロを取る手術である。

運命の(大げさか!)5月10日の10時10分前に、三国ヶ丘のあまつ皮膚科へ…

いつ行っても混雑している病院やのに、この日の待合室には誰もいない。
今日は手術日で一般の診察はお休みになっているらしい。
p20120510-105634

5分ほど待って処置室へ招き入れられた。
固いベッドにうつぶせになって、足の下にタオルをかませる。
先生がやってきた。

「麻酔効きにくいのでよろしくお願いします」

これだけは言うとかなあかん。

昔、瓶を蹴っ飛ばして、割れた瓶の上に足を乗せて怪我をした時、麻酔が効く前に縫われて大声で泣いた記憶が蘇る。

「麻酔の注射をします。これが今日一番痛いですよ」

ブスっ!

「どうですか?痛い?」

「いた〜いです…」

しばらく経つと、何かが触っている感覚は分かるという程度になった。

10分ほどして先生が言った。
「はい、今日のクライマックスは終わりました」

え〜?もう終わり?

時間にして20分もしないで全てが終わった。
手術は3針縫った。
「色素性母斑の皮膚皮下腫瘍摘出術露出部外」という舌をかみそうな名前やった。
化膿止めの薬をもらい、病院を出た。
時間は10時半にもなっていなかった。

友達のま◯みちゃんが車で迎えに来てくれた。

持つべきものは友達やなぁ…
その他にも3人もの人が「迎えに行ってあげようか?」と声をかけてくれていた。
本当は自分で運転して帰ろうと思ってたんやけど…(無謀か!)

家に帰っても痛みはなかった。
しかし夜遅くなると麻酔が切れた後のジンジンとしたい痛みが現れた。
足を上げながら寝てしまっていた。

緊張したもんなぁ…

ということで無事手術も終了。
これから、抜糸をする3週間後までは家にこもる毎日が続く

…予定です!v( ̄∇ ̄)v

rumichan2525 at 23:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)