2008年09月03日

京都のたこ焼やさん

先週、昔勤めていた会社の男子から電話がかかってきた。
「すっごいニュースがあるねん!」

声、1オクターブ上になってるし…

「うちの店、関西ウオーカーに載るんやけど…」


昔その男子と一緒に働いていたのは、日本語を英語に翻訳するソフトを販売する会社。
私はインストラクター兼営業事務。
その男子は私より後に採用された営業。
本社は東京で大阪営業所は若い男性所長と私達2人の3人だけだった。
彼は結構自信過剰なところがあって、「いつかは俺がやってやる!」というハングリーなタイプ(ある意味ちょっと嫌な奴!?)やったと思う。
営業でも色々なアイディアを出してがんばっていた。
仕事のついで(?)に取引先のインストラクターにアタックし、ラブラブになった。

ほどなく給料が遅れ出し、ボーナスも支給されなくなった。
ボーナスの代わりに社長がポケットマネーで1万円ずつ社員に配ったこともあったっけ。

そのうち大阪営業所はなくなり、会社も無くなった。
その男子もあちこちの会社を転々としていたが、しまいに縁蛸というたこ焼屋を始めた。

(たこ焼屋さんなんてうまくいくんやろか…?)

しかし、そこは自信満々な彼のことだけあって、ネットやメディアをうまく使った戦略でお客さんを増やしていった。
1〜2年に1度、雑誌や新聞やテレビに取り上げられると言っては電話をかけてくる。


今回、関西ウオーカーの「決定!!粉もんキング2008」という特集で、堂々の1位になったらしい。
しかもたこ焼の本場大阪ではなくて京都のたこ焼やさんが1位になったという事に意味があると熱弁をふるっていた。

1位なので紙面の2/3ぐらいを縁蛸についての記事が独占する。

今日しょうこに頼まれたD.Gray-manのコミック単行本を買いに行ったついでに立ち読み(ごめん)してきた。

昔と変わらない元気そうな店主の顔と、店主より大きく写ったラブラブの彼女の顔…
懐かしかった…

もちろん、私は食べたことないけど、いつか機会があったら食べに行くからね〜

それにしても、京都までたこ焼食べに行く機会ってあるんやろか…???

なん!一緒にどう?
(ムリムリ…)

rumichan2525 at 18:41│Comments(4)TrackBack(0)昔話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まり   2008年09月03日 19:34
ホムペのたこ焼きの写真 めっちゃ美味しそう〜〜
食べたくなってきた
常にやる気と自信にあふれている彼やねんな〜
2. Posted by 腹痛!   2008年09月03日 20:42
会社が危ないという危機を共にくぐりぬけてきた貧乏友達やねん。
大阪営業所の所長さんもたこ焼やさんになったらしいわ。
次は私の番かも…
3. Posted by しん   2008年09月03日 22:44
食べにいくでぇ〜腹痛店主!さん。。
4. Posted by 腹痛!   2008年09月04日 00:03
2 炒飯といっしょでへたくそやでぇ…

コメントする

名前
URL
 
  絵文字