しゅんしゅんの善行痩せない理由

2018年08月10日

しゅんしゅんの就活

しゅんしゅんの就活が始まった。
しゅんしゅんは電気工事の仕事に就きたいので、その職種の求人票を何枚か進路指導室でもらってきていた。

夏休みに入る前・・・
求人票の中から選んだWという会社の見学に行くという。
「なんでその会社にしたん?」
「家から近いから。俺はこの3年間で遠くまで通うことの大変さを学んだんや」

ということで、電車で30分ほどの株式会社Wに出かけて行った。
「どうやった?」
「名刺をどうしたらいいか聞いたら、こうやっておいておくんやでって教えてくれた。」
「何か質問した?」
「体力が必要ですか?って聞いた」
「なんて言われた?」
「体力というより気力かなって」

とりあえず受け答えできていたようなので安心した。

高卒の就職は大卒と違い、ひとり1社と決められている。
多くの会社を比べてその中から選ぶのではなく、1社見学に行って受けるかどうかを決めていかなければならないらしい。
迷ったが、株式会社Wは給料のうちの基本給が占める割合が低かった。
賞与は基本給の何か月分かになると思うが、1か月分と書いてあったので、少し少ないかも・・・
とりあえずパスして次の会社見学に掛けることにした。

夏休みに入ると高校での就職講座が5日間あった。
そこで就職に関する基本的なマナーなどを教わる。
企業の人事担当者による模擬面接の日は緊張の面持ちで出かけていった。
「どやった?」
「面接担当者の目を見すぎやと言われた。」
見すぎもあかんのか!

就職講座の最終日、疲れたのかしゅんしゅんは休んだ。
しゅんしゅんが休むと不登校を思い出して心配になってしまう。
しかし予想に反して翌週の月曜日に会社見学の希望を出すためだけに学校へ行った。
(良かった・・・)

進路指導室で、
「いつでも見学きていいよって言うてくれてるから今から行くか?」
と言われたらしく、
「いまから会社見学に行ってくるわ」
というラインが送られてきた。

見学先は西中島南方にあるD工業という会社。

「どやった??」
「うん、まぁ・・・ええんちゃう?」

ということで、御堂筋線一本、通勤時間は50分ほどという通いやすさもあり、D工業を受験することに決めたしゅんしゅん。

あとは履歴書を仕上げて・・・・
履歴書の下書きを見せてもらった。

趣味は音楽鑑・・・

なんじゃそりゃ〜!?

ちょっと不安なスタートやけど、社会人になるために一歩前進できたかな。


rumichan2525 at 18:22│Comments(0)しゅんしゅん 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
しゅんしゅんの善行痩せない理由