母のお気に入り♪ついてない2

2018年02月25日

ついてない

真夜中の1時半・・・
人けのない通りをチャリで爆走する。
実家から自宅までの道は背の高い街灯の光でぼんやりとセピア色に染まっている。

高層マンションに沿ってゆるやかな弧を描く道路を見てふと思った。

「この道をスケートで滑ったら楽しそうやなぁ・・・」

その瞬間、ガツンという衝撃を受けて体が前方に押し出された。

私は冷たい歩道でチャリに覆いかぶさったまましばらく起き上がることもできずうずくまっていた。
顎と左膝に痛みが走る。

自転車の前かごはつぶれてしまっている。

「なんでこけたんやろ?」

自転車の後方を見るとこんな落とし穴が・・・
トラップ


そらないわぁ・・・
街路樹が枯れたらちゃんとメンテナンスせんとあかんやん!

ジーパンは破れるし、膝小僧と顎をすりむくし・・・

いたっ


やり場のない怒りを胸に秘め旦那デスノートに記入する・・・

「あ゛! 旦那は関係なかった!」v( ̄∇ ̄)v


rumichan2525 at 02:08│Comments(0)主婦のお仕事 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
母のお気に入り♪ついてない2