2017年07月31日

家族でただマップル

「新しい病院ができるっていうチラシが入ってたね〜」
病院が大好き(?)な母が言った。

そういう広告は見逃さへんのよね〜

労災病院の近くにできただんホームクリニック

訪問診療もやってくれるらしい。

粗品ももらえるし、行ってみようと思っていると伝えると、
「連れていって〜〜!」

ということで1時半頃、両親を乗せて現場へ・・・
粗品をもらえるチケットを受け取って、待合室に入ると、たくさんの人が座っていた。
気さくな感じの院長先生が、指で測るパルスオキシメーターを使って酸素を体に取り込む能力を測ってくれた。

母96%
父97%
私98%

これは96〜100%ならOKらしい。


その後院長先生が、パワーポイントを使って在宅医療についての説明をしてくれた。
このクリニックでは月2回以上、予約制で訪問診療を実施するそうだ。
基本は病院に通えない患者さんが対象。

そらそうやんな!

でも、そういう制度があると安心やなぁ・・・
動けない病人を病院に連れていくほど大変なことはないもんなぁ(経験者は語る)

院長先生の話で印象に残ったのは
「人は枯れるように死ぬ」
というところやった。

食べ物や飲み物もだんだんと必要がなくなり、手足の色も変わって少しずつ死に近づくのが本来の姿であると・・・
そこに点滴で必要以上の水分や栄養を送り込むことで体がむくんでパンパンになってしまい、苦しむことになるらしい。

説明の最後に、鉄拳のパラパラ動画を見せてくれた。

隣に座っている父と重なり、涙が出そうになった。

その後、骨密度を測る検査をしてもらった。

機械にかかとをのっけて測ると、20歳の平均値と同年代の平均値に比べて自分の骨密度がどの程度の割合なのかがプリントアウトされてくる。

「とってもいい値が出ていますよ」
と看護師さんが言ってくれた。

骨密度


同年代と比較して125%の値が出ている。

そして帰り際に受け取った粗品は・・・
CM170730-170815001


めっちゃいっぱいあった!!!

青汁はちょっとまずかったけど、アサイーはいけたわ!v( ̄∇ ̄)v


rumichan2525 at 12:42│Comments(0)家族 | 健康

コメントする

名前
URL
 
  絵文字