2017年06月16日

診断書

大学を休んで1週間経ち、しょうこの体調は徐々に回復していった。
しかし休んでばかりはいられないからと今週の月曜、火曜はがんばって大学へ行き、水曜日の午後から再度血液検査をして、3時半に皮膚科のD先生の診察を受けた。
血液検査の項目を丁寧に説明してもらい、だいぶ良くなっているので抗生剤はもう飲まなくてもいいと言われた。
よかった・・・

「先生、大学に診断書を提出しないといけないらしいのですが」

先生はパソコンに向かい診断書を作り出した。
(そ・・・その場で作るん?)

静かに流れる時間の中、キーボードをたたくカチャカチャいう音だけが響いている。
待合室から看護師さんと患者さんのやり取りが聞こえてくる。
「ここの先生は待ち時間が長いので・・・」
「午前中に診てもらえませんか?」
「予約の患者さんが優先なのでなかなか・・・」

そら〜そうやんなぁ、こんなこと診察室でやってるねんもん!

20分ほどかけてやっと診断書が出来上がった。

sinndann


先生が恥ずかしそうに呟いた。
「ちょっと字が細かいかな・・・?」

砂糖に群がるアリの大群のような文字は確かに老眼泣かせやわ!

しょうこの診察に30分はかかっただろうか・・・
こんないい先生がいるんやなぁ・・・

それにしてもこの診断書代、3240円は安すぎるんとちゃう!?
v( ̄∇ ̄)v


rumichan2525 at 17:47│Comments(0)TrackBack(0)しょうこ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字