2017年02月06日

お薬カレンダー

両親を内科に連れていった。
2人の診察に付き添い、先生の話を聞くのも娘の役目…
父の診察の時、血液検査の結果を見ながら先生が言った。
「血圧も下がっているし、コレステロールの値も、尿酸値も下がっています。
コレステロールは栄養失調で下がることもあるんですが、栄養は十分足りています。
とてもいい状態なので、薬の量を減らせます。
これはきちんと薬を服用したからだと思いますよ。」

そうよ〜!
認知症の父に薬をきちんと服用させるのは大変なことなんよね〜!
元々は箱に入れて母が薬を管理していたが、それだと間違えて飲んでもわからなかった。
母が入院し、私が父の薬を管理しなくてはならなくなり、認知症の人に薬を飲ませる大変さが身に染みてわかった。
なんとかきちんと薬を飲ませることができないかと思い、「お薬カレンダー」を使ってみることにした。

近くの百均で探すとプラスチックの箱型の物しか見つからなかった。
DSC_3883


父の場合、寝る前に錠剤を4錠と、お風呂に入る時に認知症の張り薬が欠かせないので、大き目のポケットが4つあるタイプのお薬カレンダーが欲しいなぁ・・・

車で15分ほどのダイソーでカレンダー式の物を見つけたが、ペラペラで、寝る前のポケットがなかった。

仕方なくネットで探すと、これはという物が見つかったので早速発注した。
DSC_3881

ナカバヤシのお薬カレンダーはポケットが大きめで取り出しやすく、認知症の父にもわかりやすい。
一度だけ間違えて昼に夜の薬を飲んでしまったが、今の所順調に飲めている。
もちろん薬をセットするのは私の役目・・・
1錠ずつカットするのが少し面倒くさいが、きちんと飲んでもらうためにはそのぐらいの手間はしかたない。

プラスチックの箱型の物は、母と私が使うことにした。
自分も飲み忘れがかなり多かったが、お薬ボックスを使うようになって飲み忘れがなくなった。

便利な商品を作ってくれたナカバヤシさんに感謝です!



rumichan2525 at 00:54│Comments(2)TrackBack(0)家族 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by eko   2017年02月09日 00:08
確かにわかりやすくて良いわぁ〜

私が父の薬を管理してた10年程前はなかなか良いのがなくて、透明の小袋に各々わけて、日にち、曜日、朝、昼、晩、寝る前と各々書いた紙を袋に張り付けて
もちろん、大きな字で書かないと年寄りには見えないしね
1日分ごとにまとめて、ケースにならべてと、
大量の薬を分けてた頃を思い出したわぁ

仕事もあるし、家事もせんなあかんし、体はひとつやし
大変やけど一人であんまり無理したらあかんでぇ(^-^)v
2. Posted by 腹痛!   2017年02月09日 09:09
この年齢になるとみんな同じような思いをしているねんね〜
私だけじゃないと思うと励まされます。

ekoちゃん、ありがとう

コメントする

名前
URL
 
  絵文字