2016年10月24日

我が家に愛ちゃんは居ません


旦那が和室の卓球台を見つめている。
P1200579


「この卓球台の下に台を作って、上に衣装ケースを載せられるような棚を作ったらどうかなぁ・・・

ついに恐れていた時がやってきた。

旦那は自分の衣装が衣装ケースに入りきらないのが気に入らないらしい。
部屋中に衣装ケースを並べようと思ってるんやわ!

旦那の作るDIYが地震に耐えられるとは思えない。
卓球台が倒れ、高い位置にある衣装ケースが落ちてくることは容易に想像できる。
衣装ケースの下敷きになるのは卓球台の前に寝ているしゅんしゅんである。

やめてぇ〜〜〜!!。゜゜(´□`。)°゜。

「ちょ・・ちょっとまってくれる?
私の服を捨てたら棚を作らんでもいけると思うから!」

箪笥やクローゼットの中に眠っていた古い服を泣く泣く選別すると、ゴミ袋6袋分ぐらいになった。
その中で捨てるのはちょっともったいないかなという服を、2袋分、ダメ元で近所の古着屋さんに持って行ってみることにした。

100円ぐらいになったらよしとしよ・・・

その日、古着屋さんでは買取キャンペーンをやっていて、いつもの倍の金額で買い取ってくれるという・・・

ちょっと期待できるかも?

番号札を受け取り、店内をぶらぶらしていると、私の番号が呼ばれた。
「1204円になりますが」
「おおおおっ!」

明細を見ると旦那の弟からもらった革ジャン(?)のような物に700円もの高値がついていた。
ありがとう!弟よ!

気を良くしてもう一度2袋分持って行ったら、今度は260円やった。
子供用のライフジャケットは買い取ってもらえず返品された。

まぁ、少しは片付いたし、これで旦那も卓球台の上の衣装ケース収納を諦めてくれる〜〜


・・・かな?v( ̄∇ ̄)v


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字