2016年10月14日

しゅんしゅんの異常行動

しゅんしゅんが捻挫した2日後の夕方、担任の先生から電話がかかってきた。
「今日包帯を巻いて帰ったんですけど、何か話しましたか?」
「え?まだ本人と話してなくて・・」
見ると、和室でゴロゴロしているしゅんしゅんの左手の親指が包帯でぐるぐる巻きにされていた。
「美術の時間に彫刻刀で切ったんです。
血は止まっているんですが、絆創膏だけだと取ってしまうので、念のため包帯を巻いています。」
「そ、そうでしたか・・・」
「その時に、しゅん君が太ももをたたいていたらしくて、美術の教師がちょっと気になったようで・・・
わざわざ私に電話をしてきたので・・・」
「太ももをですか?」
「はい、失敗した自分が許せなかったのか、よくわからないんですが・・・
また聞いてみていただけますか?」
「わかりました」

電話を切ってしゅんしゅんに聞いてみた。
「なぁ・・・指切った時、なんで太ももたたいてたん?」
「え・・・親指が痛かったから太ももをたたいて我慢した」

v( ̄∇ ̄)v
まぁ、そんなことやろと思ったわ!


rumichan2525 at 02:43│Comments(0)TrackBack(0)しゅんしゅん 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字