2016年09月12日

旦那の引っ越し

夏休みの終わりに旦那が小さい目のトラックとともに高松から引っ越ししてきた。
作業員さんは1人・・・
「1人でいけるんですか?」
「大阪から応援が来てたんですけど、荷物を見て1人でもいけるやろうってことで・・・大丈夫ですよ」
言葉通り、要領よく仕事を済ませる引っ越し屋さん・・・

そして荷物はリビングに積まれた。
頭の中でパズルをはめ込むように、配置を考える。

時間を見つけて少しずつ移動させて片付けていく。

しかし子どもたちは夏休み真っ只中・・・
昼ご飯も作らんとあかんし、洗濯物は大人一人分増えてるし・・・
毎日の実家通いも続いている。

となると、片付ける時間はなかなか取られへんやんなぁ!

13年間単身赴任していた旦那はこのマンションに住んだことがない。
もともと無かった旦那のスペースに旦那の物を入れようということ自体が難しい。

リビングに置きっぱなしの服の入った段ボール(どうでもいいバージョン)がなかなか片付かない。
旦那が次第に不機嫌になる。

ソファで昼寝して、目覚めたとたんに怒り出した旦那・・・
「だいぶ前から帰ってくるって分かってたのになんで片付けとかへんねん!」

言いたいことはわかるけど、なんでそこまで怒る必要があるんやろ?
(しかも自分だけ昼寝した後で・・・

こっちの言葉もきつくなる。

「今仕事してるんやけど!
順番にやるからちょっと待ってって言うてるだけやん。
そんなに暇やったら棚でも作っといたらええやんか」

旦那が持って帰ってきた突っ張り式の洗濯機ラックをユーティリティに設置してもらうことにした。

独り言を言いながらごそごそ作業をしている気配・・・
しばらくして出来上がったというので早速物を置こうと椅子に上る。


ん?突っ張れてへんやん!!

天井の壁紙もべろ〜んってはがれてしまってるし・・・(汚〜い!)

しかも・・・

飛び出したネジが邪魔して洗面所の扉が閉まらないんですけど・・・

v( ̄∇ ̄)v



rumichan2525 at 18:44│Comments(4)TrackBack(0)家族 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はるみ   2016年09月13日 10:32
可動式のつっぱり棚!素敵!

2. Posted by 腹痛!   2016年09月13日 18:15
可動して私の方に倒れてくるなんて…
ダメダメやんか〜
3. Posted by てつ   2016年09月13日 22:03
ケンカしたら、あかんで〜。
でも一人増えるって、大変やね。

片づかない段ボール。
自分も経験あるけど
あれは開けないと、いつまでもそのままに……。
4. Posted by 腹痛!   2016年09月13日 23:46
負担が増えたのは、やっぱり洗濯物とアイロンかなぁ…

片付けに参考になりそうなYouTubeを見ていたら、「捨てられね〜ぜ」が一番あかんという結論に達しました。

とりあえず着ない服を捨てようと思います。
いつになるかわからへんけど…(笑)




コメントする

名前
URL
 
  絵文字