2016年08月30日

Xperia 修理中


CM160823-123736004
電車で紛失し、画面がバキバキになって戻ってきたしょうこのXperia・・・
その後、ドコモショップに持って行ってみたものの、修理代は5万円を超えるかもしれない・・・
と言われてしまい、修理もできずに放置していた。

でもオークションで3万8千円も出したスマホやし、そのままにしておくのはもったいないなぁ・・・

ググってみると画面が割れている人は意外に多く、自分で修理する人もちらほらいることがわかった。

液晶と画面の部品は8千円ほどで販売しているようだが、しょうこのXperiaは側面のフレームにも切れ目が入っている。
これはフレームごと交換やな・・・

私の中に眠っている修理屋の血が騒ぐ・・・

アマゾンマーケットプレイスの「黄金品質」という怪しげなのお店で液晶とフレームが1万円で販売されていた。
発送は中国なので到着に7日から12日ほど要するらしい。
レビューには★が2つしかついていない。
フレーム付きを頼んだのにフレームがなかったという怒りのレビューもあった。

たとえちゃんとした部品が送られてきたとしても組み立ての時に失敗するリスクもあるよなぁ?
でも何もせ〜へんよりマシかな。
5分間の葛藤の末に、修理してみたいという誘惑には打ち勝てず、結局発注した。

8月3日に発注して届いたのは8月12日。
予定通り9日ほどかかった。
IMG_20160826_224224

届いた品物は
液晶デジタイザと両面テープとおまけの工具とガラスフィルム2枚。
不思議な日本語の品質保証書(いらんやろこれ!)

ん?ないやん!フレーム・・・!!

レビューは正しかったのね。
でも大阪のおばちゃんは泣き寝入りなんてせ〜へんよ!
すぐにアマゾン経由でメールを入れた。

その日のうちに返事が来た。
すぐに送ります。
到着は7日から12日かかります(そこは仕方ないのね)

ということで、待つこと7日間・・・8月19日にフレームが届いた。

修理をするにあたり、英語、フランス語、ドイツ語で撮影されたYouTubeの分解映像を何本も観た。
自分の中で修理の成功をイメージするためである。

我ながら大げさやなぁ・・・

そして修理は子どもが寝静まった(いや、寝てないけど・・)午後11時に始められた。
CM160825-214617002

まずはドライヤーでバックパネルの縁を温めて吸盤で引きはがし、できた隙間にギターピックのような道具を突っ込み両面テープで粘着されたバックパネルを剥がしていく。

ガラスでできたバックパネルは再利用しないといけないので間違っても割ってはいけない。
緊張する・・・
IMG_20160827_220222

うまく剥がし終えたら5か所のねじで止められた枠を外す。
そしてカメラ、液晶のコネクターなどをはずしていく。
IMG_20160827_220342


IMG_20160827_220457

リアカメラを固定している金属を外し、リアカメラのコネクターを取り外し、マザーボードを外す。
IMG_20160827_220656

ぐしゃぐしゃに割れたフロントパネルを取り外す・・・
割れているので吸盤が張り付かない。
仕方なくゆで玉子の殻をむくようにガラスを剥がしていく。
細かいガラスが指に突き刺さる。
イヤスピーカーとマイクは再利用しなければならないので慎重に・・・
マイクをピンセットで挟んで引っ張り上げた瞬間、マイクが上下真っ二つに割れた!!
中に入っているコイルはつながっているように見えたので再度合体させてみると、なんとなくひっついた。

よかった・・・

イヤスピーカーの裏側の両面テープには細かいガラスがたくさんくっついていた。
IMG_20160827_221351

こんなにいっぱいガラス片がくっついてたら、両面テープを剥離して再利用するのは難しそうやなぁ・・・
とりあえず両面テープをきれいに剥がして、バックパネルの縁に残っている両面テープをイヤスピーカーの裏に装着した。

イヤスピーカーを新しい液晶にくっつけ、液晶をコネクタにつないでスイッチオン・・・
液晶が表示されたのを確認してフロントパネルを接着。

分解と逆の順番で部品をセットしていく。
ほぼ組み立てが終わったところでもう一度スイッチを入れてみた。

「あれ?スイッチの反応がない・・・」
スイッチを押した時のプチっというあの感触がなくてスイッチを押したら押し込まれたままになってしまう。
フレームをよく見ると、スイッチの裏側にシリコンでできたカバーがくっついていた。
「そうか!これも付け替えなあかんかったんやん!」
せっかく組み立てた部品をまたばらしていく・・・
カメラを外した時、またピンセットがカメラの上部を摘み取った・・・
カメラは上下真っ二つに分かれて、中にある偏光版?のような物が飛び出した。

背中がぞわ〜っとなる・・・

頭の中に「失敗」の二文字が浮かんで・・・墜落した。

カメラを起動してみたが予想通り画面は黒いまま・・・

修理をここで諦めるのか、はたまたカメラパーツを手に入れるのか・・・

5分考えて、結局黄金品質のサイトをもう一度開いて3,880円のカメラを発注した。

部品が届くのに9日〜13日かかります・・・
ということで修理は中断・・・
続きは後日ということにあいなりました。

海がボソっとつぶやいた。
「専門家に任せた方が結局安くつくんちゃうの?」

v( ̄∇ ̄)v


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はるみ   2016年09月05日 16:10
読んでてドキドキ!
どうなるん?
絶対 直してほしい!
2. Posted by 腹痛!   2016年09月05日 18:54
こんなめんどくさい文章を読んでいただいて恐縮です

修理が大好きな変てこりんな性格は直りそうにないけど、Xperiaは直ってほしいです!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字