2015年06月06日

SH02E セルスタンバイ問題発生?

LINEの既読がつかない旦那の電源すぐ落ちスマホが送られてきた。
確認のため満充電状態で放置してみると、24時間後には電源が切れてしまった。

ネットで色々と検索をした結果、気になる言葉がみつかった。

セルスタンバイ問題…
MVNOによる格安SIM運用をしている場合、電池残量が急激に減るという現象が発生しているらしい。
うちのパターンでそれを回避するには、割増料金を支払ってSMS付きのSIMカードに変えるか、root化するかしかない。

確かに旦那のスマホはセルスタンバイ状態になることが多く、圏外(電波を掴んでいない状態)が90%を超えてしまっている。

割増料金を払ってSMS付きにするのが簡単な解消法やねんけどなぁ…

root化してみる?
検索したらめっちゃ専門的やし、ソフトウエアアップデートをしたら文鎮化…(つまり使えなくなってしまう)なんて書いてある。

私自身が使うならまだしも、持ち歩くのは旦那やからなぁ…

でも、もしかしたらSIM自体が不良品なのかも…
ただ、購入したばかりのWonderlinkのSIMは到着後1ヶ月以内なら無料交換してくれるが、受け渡しに時間がかかる我が家はもう1ヶ月を過ぎてしまっていた。

でもそのまま放置する訳にもいかないし、お金がかかっても不良品確認だけはしておこう。

まず、しょうこが使っているスマホに入っているBIGLOBEの格安SIMと差し替えてみた。
するとバツ印は出ず、水色の電波モニターがしっかり映しだされた。

次に、SIMフリーのポケットWi-Fiに挿したIIJmioの格安SIMカードと差し替えてみた。
これは、通常SIMサイズだった物を今回の問題の対応のためにnanoSIMに交換してもらってあった。
それを挿してみると、こちらも水色の電波モニターが表示され、全く問題なく動いた。

電池は24時間経っても75%残っている。
(さすがIGZO!)

めんどくさそうなroot化も避けることができたので、旦那にスマホを送り返し、IIJmioの使い方をLINEのメッセージに記載しておいた。


どう考えてもWonderlinkのSIMカードが怪しいな…

そこでWonderlinkのサポートにメールしてみた。
以下そのやりとり…を簡単に書くと…

※サ・・・サポートマン
  腹・・・腹痛!

サ)ちゃんとAPN設定してへんのとちゃうん?
  (実際はもっと丁寧な言葉遣いです)

腹)それはやったよ!(バカにしてるやろ?)
  念のため写真を送っとくからちゃんと設定できてるかチェックしてみてや。

サ)そうか〜、こっちで調べたら開通日以降1回もつながってへんみたいやわ。

腹)マジで?(不良品ちゃうん?)

さ)旦那さんのスマホでこんな設定(APN設定をちょこっと変えたもの)を試してくれへん?

腹)旦那単身赴任やから2ヶ月先になるけどええかな?

サ)検証難しいのはわかったわ…とりあえずSIMをこっちに送ってくれる?

腹)あ、ちょっと待ってや。ポケットWi-Fiに入れてAPN設定変えてみたらうまくいったよ!

サ)ほんまに〜!?
 じゃぁ良かった。
 また何かあったら言うてやぁ…



ということで、何かあった時のためにうまくいった設定をメモっておこう。

1) APN設定画面にて、「認証タイプ」を「PAPまたはCHAP」から「CHAP」に変更。

2) 同じくAPN設定画面にて「APNタイプ」を選択し入力されている
文字列を全て消去し「OK」をクリック。
「APNタイプ」が「未設定」となった事を確認し、設定を保存。

3) 端末を再起動

これで全て解決!
格安SIM運用もバッチリやん


旦那のLINEは今だに既読がつかへんまんまやけどな…!v( ̄∇ ̄)v



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字