2015年05月28日

4代目スマホ

1年前、4000円という破格値で購入した205SH…
最近勝手に再起動することが多くなり、本体が使い捨てカイロ並に熱くなったりと、調子が悪そうやった。

そしてついに…
CM150514-210219001

電源を入れても起動中の画面のまま固まってしまい、動かぬスマホとなってしまった…

これはめっちゃ困るパターンやん!
機種変更しようと思ったら全てバックアップを取った上で次の機種に乗換えられるが、いきなり故障って!!
モバイルワオンやモバイルナナコはどないなんねん!!

もう頭がパニックになりそうやった。

とりあえずSIMを一台前の107SHに差し替えた。
スマホはお仕事には欠かせないツールなので故障したからといってのんびり修理に出す訳にもいかない。

ただ、この107SH…
スピーカーが故障しているので、音はイヤホンを挿さないと聞こえない。
めんどくさ〜い…

近所のsoftbankショップに持って行って205SHを診てもらったが、こういったパターンの電源修理は15000円ぐらいかかるらしい。

しゃ〜ないなぁ…

ということで、またオークションで白ロムスマホをゲットしようと考えた。

なぜこんなにsoftbankにこだわるのかというと、両親がsoftbankの携帯を持っているから…
家族間の無料通話は大きい。
機種変更してプランを変えるとなると、2000円ほど月々の料金が高くなってしまう。

両親と一緒に他社に乗り換えたら安くなるんちゃうん?
という考えもあるが、80歳を超えた親のガラケーを機種変更したって覚えられるわけがないし…
1人はボケてるし…

両親のことを考えるとsoftbankで今のプランを続ける方がいいという結論である。

ネット検索していると、ちょっといいなぁと思ったスマホがあった。

303SH

1年前発売で、クアッドコア RAM2GB←これがポイント!!

最近のスマホは巨大化しているが、走る時も持ちたいので私は小さいスマホが好きである。
これは205SHを一回り大きくした程度。
なんとか片手で操作できそう…

ただ、問題はSIMのサイズがnanoSIMという一番小さいサイズやということやった。


…やっちゃいますか?


覚悟を決めて、送料込み16800円で新品の白ロムをゲット。
ここのお店は不良品なら返品可能ということで安心して購入できた。

とりあえずスマホケースと画面保護シールを購入。

そしていよいよSIMカット…

現在使用中のSIMは通常サイズのSIMをmicroSIMサイズにカットしたもの。
DSC_3273

右側が現在のSIM
左側のサイズにカットしていくことになる。

まずはメンディングテープにマジックでnanoSIMを型どり、それを現在のmicroSIM(元通常SIM)に貼り付ける。
DSC_3274


今回はカッターは使わず、キッチンバサミを使用して大きめにカット。
ネットで検索した先人の経験談を参考にしながら少しずつヤスリで形を整えていった。

小心者の自分を呪いながら慎重にヤスリの上を滑らせる。

DSC_3277


こんな感じかな〜?

DSC_3276


トレーに入れてみると厚みが入らない。
裏側もこすって厚みを減らす。
(ロゴも何も消えてしもた…)

DSC_3275


なんとかトレーに収まった。

恐る恐る電源を入れて、APN設定…
これは前回と全く同じ。

すると…
DSC_0003

無事電波を掴んだ模様…

突然着信音が鳴り響いた。

誰かな?

同級生のHさん。
息子さんがノートパソコンを買ったので設定についての質問の電話やった。

ちゃんとしゃべれるスマホになったことを確認できたし、ちょっと高かったけど月々5000円やからまぁいいとしよう…

DSC_0002


スマホメーカーさん!
お願いやから、もうこれ以上小さいSIMは作らんとってね…v( ̄∇ ̄)v


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字