2013年02月14日

スマホ買い替え

私が使っているスマホ、ソフトバンクの005SHは使い始めてそろそろ2年になる。
K0000164459

スマホが出てまもない頃の機種なので、不具合も多く、最近は動きがとても遅くなってきていた。
そろそろ機種変更かなぁ…
と思っていた矢先に、ポケットから落とし、スライドキーボードが閉まらなくなってしまった。
修理に出さなくちゃ…

いや、この機会に新しいスマホに変えようかな…
しかし、最新機種に機種変更するとなると料金プランも変更しなくてはならない。
よく耳にするようになったLTEだの、4Gだの…
通信速度は速いらしいけど、月々のパケホ代が今より1500円も上がってしまう。

機種変更じゃなくて、スマホの白ロム(←USIMなしの本体のみ)を購入して、今使っているUSIMカードを差し替えて使った方がいいかもしれへんなぁ。

ということで色々調べ始めた。
今の契約のままでそこそこの速さを求めるんやったら、去年の夏モデルで106SHか、107SHあたりがいいかもしれへんなぁ…
ソフトバンクに行って手にとって見てみると、106は少し大きめで持ちにくそう…
ポケットに入れてジョギングしても気にならへん小さいのがいいなぁ…
ということで107SH(pantone5)をターゲットに決定。
img_slide02


そこからはネットで検索…
しばらくオークションなどで出品される最安値をチェックしていた。

すると、新品の107SHの白ロムが17000円で出品された。
17800円で即決と書いてある。
どうしよ〜!?
中途半端に入札すれば、落札できずに終わってしまうパターンかも…

2日ほど悩んだけど、新品で17800円はお買い得やし…
震える指先で入札ボタンをクリックし、即決価格の17800円で107SHの白ロムを落札。
ついでにスマホカバーをアマゾンでゲットした。
51vlTzgEyTL


しかし、この完璧な(?)買い替え計画には問題がひとつあった。
107SはMicroUSIMカードを採用しているので005SHのUSIMカードが入らないということ。
サイズが違うねん!!
なんでどんどん小さくするんよ〜!!

なんか方法ないんかいな…

いろいろと検索していくうちに、なんと、ハサミやUSIMカッターでUSIMを切る方法があることがわかった。

(え〜!でもそれって失敗したらどーなるんよ〜??)

ショップでMicroUSIMカードに交換してもらうことも検討したが、その場合は機種変更扱いになるらしい。
それでは料金プランが高くなってしまうから意味がないよなぁ…

これはも〜やるしかないで〜!

ということでアマゾンでUSIMカッターをゲット。

この計画が失敗した時のために、まずは005SHを修理に出し、外装交換してもらった。
(これでいつでも元のスマホに戻ることができる)
修理に出している間にオークションで買ったpantone5と、USIMカッターが届いた。
107sh


お菓子の箱や、下敷きをカットして何度も練習した。
そ〜っとやると失敗する。
カッターを床に置いて、思い切って手のひらに体重をかけると、きちんと切れることがわかった。

そしていよいよ本番。
「めっちゃ緊張するわ〜!」
ひとりで大騒ぎしながら

ガツンっ!


やったでぇ…v( ̄∇ ̄)v


たぶんうまくカットできた。

【表】
P1150710


【裏】
P1150709


【左は練習用下敷き】
P1150713


基盤部分が切れてしまっているけど、元々端っこに寄って作られているんやから仕方ない。

切れたUSIMカードを恐る恐るpantone5に差し込んでみると…


ちゃんと3G電波を拾い、動作し始めた。

良かったぁ!

新しいスマホは動きも軽快。
手のひらに馴染むサイズで使いやすい。

以上、腹痛!の冒険レポートでした。
なお、真似される奥様は自己責任で…
(真似するママ友なんかおらんおらん!!)v( ̄∇ ̄)v


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字