2012年05月21日

海のパソコン自作

同窓会の写真、子ども会の写真、撮影した写真が少し暗かったり変な物が写り込んでいる場合、画像を編集しなければならない。
明るさの調整、色合いの調整、トリミング、赤目補正など、それほど多くの項目ではないが、1枚につき数分かかる。
これが何百枚ともなるとばかにできない。
ところが、パソコンのスペックのせいか、修正をした後の上書き保存に8秒ほどかかってしまう。
このなんともいえない間…

「新しいパソコン欲しいわぁ・・・」
思わずつぶやく。

旦那の答えは
「そんなボランティアにええパソコンなんかいらん!
海にやったら買ったってもええけどな」

という流れで、旦那と海がパソコン工房へ買い物に出かけた。
そして「自分ひとりで組み立てること」を条件に新しいパソコン、正確にいえば部品を購入してきた。

すっかりやる気になった海。
GWは自室に立てこもりPCの組み立てにかかりっきりやた。
1日がかりでどうにか組み立てはできたが電源が入らない。

そうそう!!パソコンの自作はそんな甘いもんやないねん!

スリムタワーやったwindows7の腹痛パソコンを、海のゲームのために大きいケースに載せ替えたのが去年のGW。
その後このwindows7機は電源を切っても切っても再起動を繰り返すしつこいPCになってしまった。

そして私は子ども用のXP機を泣く泣く使ってきた。

それがこの展開で海が良いパソコンを手に入れたので、windows7が私の元へ戻ってくることになったのだ。

がんばれ!海!
オタクの底力を見せてくれ〜!!

「でも、もし作られへんかったらいいよ。私がもらっとくから…」

しかし、結局電源が入らない理由はわからずじまい。
「パソコン工房に電話してみ〜。そのためにあそこで買ってんから」
「うん…」
海は電話することが恥ずかしいのか、そのまま1週間ほどほったらかしにしていた。

しかし、私の手術後、覚悟を決めた海がやっと再起動した。
(windows7機の方が再起動速いやんか!)

しかし、結局電話では原因が突き止められなかったようで、持ち込んで診てもらうことになった。
手術後、なるべく動かない方がいいと言われていたのに、愛息のために痛む足をひきずってパソコン工房へ付き添い…
(なんであかんかったか聞きたいし)

一番奥の診断ブースにパソコンを持って行くと、慣れた手つきで配線をチェックする店員さん。

「つながっていなかったところと、奥まできっちりささっていなかったところがありましたねぇ」

なんと5分ほどで電源が入るようにしてくれた。
パソコン工房恐るべし!

ついでにキーボード、マウス、スピーカーまで買わされた。

海のパソコンは
CPUがCorei7
メモリが8GB
マザーボードがASUS P8Z68-V PRO/GEN3
グラフィックカードがGEFORCE GTX570
電源がKRPW-G630W/90+

P1090104


やっと動くようになった。

to be continued…



rumichan2525 at 12:13│Comments(0)TrackBack(0)海ちゃん | パソコン

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字