2011年07月28日

クレイマー

私は2件の生命保険に入っている。
20年ほど前に入った養老保険と、年金保険・・・
2件合わせて月1万7千円ほどの保険料になる。

契約は毎月口座から引き落としなんやけど、ここ何年かは毎年7月に1年分の保険料を前払いしている。
まとめて払うメリットは保険料が安くなること。

いっそのこと年払いにしてしまうという方法もあるんやけど、それやと必ずその保険を契約した月に払わなあかんから、ボーナスが出た月などの自分の好きな時に払うことはでけへん。
こんなご時世やし、この先、ボーナスが確実に出るとは限らへんから月払いの契約はそのままにしておきたい。

手続きは、この辺りを回っている地区の担当者に連絡してもいいんやけど、このベテランのおばちゃんに下手に連絡すると、頼んでもいない保険の見積書を山ほど持ってくるからめんどくさい。

地区担当のおばちゃん・・・・
今年は5月に「契約確認です〜」と言いながらやってきて、「ちょっといいですか?」といいながらずかずかと家にあがりこみ、今入っている保険の説明を始めた。

「養老保険は保険金がこれだけあります。去年特約変更してもらいましたね!」

そうそう・・・

昔の保険は5日以上入院せんと入院保険金が出〜へんし、一旦つけた特約は途中で変更することもでけへんかった。
それができるようになったと知ったのは、地区担当のおばちゃんから聞いたのではなくて、別の営業所のアフター担当の人が電話してきたからやった。

その時、電話口でアフター担当の人が言った。
「1年ほど前から変更できるようになっていましたよ・・・」

「ほんまですか〜?そんなん聞いてへんかったわ〜!」

なんでそんな大切なことを教えてくれへんねんっ!!

しかも「特約変更してもらいましたね」って・・・
まるで地区担当のおばちゃんが変更の手続きをしたみたいやんか・・・

タバコの匂いをプンプンさせたおばちゃんに見当違いの見積書の説明をた〜っぷり聞かされ、保有ポイントを使って震災の寄付を勧められてその手続き・・・

小一時間ほどかかったやろか・・・
ほんまにセールス応対は疲れる。
その時間ジョギングしてる方がずっと楽やわ。

おばちゃんが持ってきた山のような見積もりの保険については後日電話でお断りした。


7月に入って、今回もおばちゃんではなく、コールセンターに電話した。

「もしもし、保険料を1年分前払いしたいんですけど・・・」

「わかりました。書類を送ります。それとお客様がお持ちの◯ッ◯◯カードですが、1年ほど前に期限が切れておりまして使えなくなっています。
もし今後お使いになる予定がないのなら解約手続きをとらせていただくこともできますが・・・」

「はぁ〜?」

いくら羊のようにおとなしいこの私といえどもこれはひとこと言わずにはいられなかった。
「5月に地区担当の人が契約確認に来たんですけど、そんな話はひとことも聞いていません。
なんのための契約確認なんですか?そういう情報は端末で誰でも確認できるんですよねぇ?」

「はい、できます・・・」

「契約確認の時にそういうことを教えてくれないのはちょっと納得できません。
カードは使うかもしれないので再発行してください。」

「わかりました・・・」

たまたまこんなクレイマーの担当になってしまった職員さんはお気の毒である。


来年、地区担当のおばちゃんから電話が入ったらひとこと言ってやろう!


・・・・


たぶんよ〜言わんやろなっ!v( ̄∇ ̄)v

rumichan2525 at 06:11│Comments(2)TrackBack(0)主婦のお仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みかん   2011年08月04日 10:04
はははは・・・・
最後の1行を読む前に声をだして
「ぜったい いえね〜ぜ!!」
と 言ってしまいました。
だって わかるもん!
2. Posted by 腹痛!   2011年08月04日 13:03
みかんちゃんはなんでもお見通しやね〜

ブログに『いえね〜ぜ』カテゴリ追加しなきゃ…

コメントする

名前
URL
 
  絵文字