2016年10月02日

しゅんしゅんの捻挫

「足ぐねった〜!」
帰ってくるなりしゅんしゅんが言った。

見るとくるぶしの辺りが腫れている。

「どこで?」
「駅の階段で、おっちゃんを避けようとしてぐね!・・・ってなった」
「あんた、階段に弱いなぁ・・・」
しゅんしゅんは小学校の頃、階段を3段ジャンプして骨折したことがある。

「ど〜する?病院行くか〜?」
「・・・うん」

湿布ぐらいはもらっといた方がいいやろな・・・
「チャリで行く?それとも車?」
「車」

かかりつけの整骨院は駅のすぐ近くにある。
駐車場がないので近くのタイムズ駐車場に停めなくてはならない。

まぁ、しゃ〜ないか・・・

診療時間が終わる15分前に駐車場に到着。
レントゲンを撮ってもらうと骨には異常なしとのことだった。

・・・よかった・・

「これは、じん帯が伸びてしまってますね・・・」
足首が内側に曲がりやすくなっているのを確認しながら先生が言った。
「そのままにしておくと捻挫しやすくなってしまうので、3週間ぐらいは添え木をしといた方がいいですね〜」
そう言うと、先生自ら添え木を作成・・・
それをつけていると歩きやすくなるらしい。

めったに怪我や病気をしないが、一旦やると重症になる男しゅんしゅん・・・

実は行きと帰りの2回足をぐねったんやて〜。
そら〜じん帯も伸びるわ!

来週は体育大会やのに・・・
「先生、体育大会でムカデ競争に出場することになってるんですけど・・・」
「ムカデ競争は一番骨折しやすい競技ですよ。ムリです」

あかんか!v( ̄∇ ̄)v


rumichan2525 at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)しゅんしゅん 

2016年09月20日

わざと?

旦那はキッチン男子である。
もしかして、いや、もしかしなくても私よりキッチンに立つことが苦にならない・・・というか大好きな様子・・・

ある日、キッチンに入ると、ウーロン茶を作るためのやかんが目についた。
旦那はお茶がなくなると次のお茶を準備する。
さすがキッチン男子!

やかんに触れてみると、完全に冷めているようやったので、中身を冷蔵庫のウーロン茶のポットに移し替えた。

「このウーロン茶、色薄いなぁ…」
ちょっとなめてみた。
味がよくわからない。

「あ、それ漂白剤やで」

「え・・・!?」

「茶渋がついてたからきれいにしようと思って・・・」

「・・・」


殺す気かっ!(ノ`Д´)ノ



rumichan2525 at 08:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)家族 

2016年09月12日

旦那の引っ越し

夏休みの終わりに旦那が小さい目のトラックとともに高松から引っ越ししてきた。
作業員さんは1人・・・
「1人でいけるんですか?」
「大阪から応援が来てたんですけど、荷物を見て1人でもいけるやろうってことで・・・大丈夫ですよ」
言葉通り、要領よく仕事を済ませる引っ越し屋さん・・・

そして荷物はリビングに積まれた。
頭の中でパズルをはめ込むように、配置を考える。

時間を見つけて少しずつ移動させて片付けていく。

しかし子どもたちは夏休み真っ只中・・・
昼ご飯も作らんとあかんし、洗濯物は大人一人分増えてるし・・・
毎日の実家通いも続いている。

となると、片付ける時間はなかなか取られへんやんなぁ!

13年間単身赴任していた旦那はこのマンションに住んだことがない。
もともと無かった旦那のスペースに旦那の物を入れようということ自体が難しい。

リビングに置きっぱなしの服の入った段ボール(どうでもいいバージョン)がなかなか片付かない。
旦那が次第に不機嫌になる。

ソファで昼寝して、目覚めたとたんに怒り出した旦那・・・
「だいぶ前から帰ってくるって分かってたのになんで片付けとかへんねん!」

言いたいことはわかるけど、なんでそこまで怒る必要があるんやろ?
(しかも自分だけ昼寝した後で・・・

こっちの言葉もきつくなる。

「今仕事してるんやけど!
順番にやるからちょっと待ってって言うてるだけやん。
そんなに暇やったら棚でも作っといたらええやんか」

旦那が持って帰ってきた突っ張り式の洗濯機ラックをユーティリティに設置してもらうことにした。

独り言を言いながらごそごそ作業をしている気配・・・
しばらくして出来上がったというので早速物を置こうと椅子に上る。


ん?突っ張れてへんやん!!

天井の壁紙もべろ〜んってはがれてしまってるし・・・(汚〜い!)

しかも・・・

飛び出したネジが邪魔して洗面所の扉が閉まらないんですけど・・・

v( ̄∇ ̄)v



rumichan2525 at 18:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)家族 

2016年08月30日

Xperia 修理中


CM160823-123736004
電車で紛失し、画面がバキバキになって戻ってきたしょうこのXperia・・・
その後、ドコモショップに持って行ってみたものの、修理代は5万円を超えるかもしれない・・・
と言われてしまい、修理もできずに放置していた。

でもオークションで3万8千円も出したスマホやし、そのままにしておくのはもったいないなぁ・・・

ググってみると画面が割れている人は意外に多く、自分で修理する人もちらほらいることがわかった。

液晶と画面の部品は8千円ほどで販売しているようだが、しょうこのXperiaは側面のフレームにも切れ目が入っている。
これはフレームごと交換やな・・・

私の中に眠っている修理屋の血が騒ぐ・・・

アマゾンマーケットプレイスの「黄金品質」という怪しげなのお店で液晶とフレームが1万円で販売されていた。
発送は中国なので到着に7日から12日ほど要するらしい。
レビューには★が2つしかついていない。
フレーム付きを頼んだのにフレームがなかったという怒りのレビューもあった。

たとえちゃんとした部品が送られてきたとしても組み立ての時に失敗するリスクもあるよなぁ?
でも何もせ〜へんよりマシかな。
5分間の葛藤の末に、修理してみたいという誘惑には打ち勝てず、結局発注した。

8月3日に発注して届いたのは8月12日。
予定通り9日ほどかかった。
IMG_20160826_224224

届いた品物は
液晶デジタイザと両面テープとおまけの工具とガラスフィルム2枚。
不思議な日本語の品質保証書(いらんやろこれ!)

ん?ないやん!フレーム・・・!!

レビューは正しかったのね。
でも大阪のおばちゃんは泣き寝入りなんてせ〜へんよ!
すぐにアマゾン経由でメールを入れた。

その日のうちに返事が来た。
すぐに送ります。
到着は7日から12日かかります(そこは仕方ないのね)

ということで、待つこと7日間・・・8月19日にフレームが届いた。

修理をするにあたり、英語、フランス語、ドイツ語で撮影されたYouTubeの分解映像を何本も観た。
自分の中で修理の成功をイメージするためである。

我ながら大げさやなぁ・・・

そして修理は子どもが寝静まった(いや、寝てないけど・・)午後11時に始められた。
CM160825-214617002

まずはドライヤーでバックパネルの縁を温めて吸盤で引きはがし、できた隙間にギターピックのような道具を突っ込み両面テープで粘着されたバックパネルを剥がしていく。

ガラスでできたバックパネルは再利用しないといけないので間違っても割ってはいけない。
緊張する・・・
IMG_20160827_220222

うまく剥がし終えたら5か所のねじで止められた枠を外す。
そしてカメラ、液晶のコネクターなどをはずしていく。
IMG_20160827_220342


IMG_20160827_220457

リアカメラを固定している金属を外し、リアカメラのコネクターを取り外し、マザーボードを外す。
IMG_20160827_220656

ぐしゃぐしゃに割れたフロントパネルを取り外す・・・
割れているので吸盤が張り付かない。
仕方なくゆで玉子の殻をむくようにガラスを剥がしていく。
細かいガラスが指に突き刺さる。
イヤスピーカーとマイクは再利用しなければならないので慎重に・・・
マイクをピンセットで挟んで引っ張り上げた瞬間、マイクが上下真っ二つに割れた!!
中に入っているコイルはつながっているように見えたので再度合体させてみると、なんとなくひっついた。

よかった・・・

イヤスピーカーの裏側の両面テープには細かいガラスがたくさんくっついていた。
IMG_20160827_221351

こんなにいっぱいガラス片がくっついてたら、両面テープを剥離して再利用するのは難しそうやなぁ・・・
とりあえず両面テープをきれいに剥がして、バックパネルの縁に残っている両面テープをイヤスピーカーの裏に装着した。

イヤスピーカーを新しい液晶にくっつけ、液晶をコネクタにつないでスイッチオン・・・
液晶が表示されたのを確認してフロントパネルを接着。

分解と逆の順番で部品をセットしていく。
ほぼ組み立てが終わったところでもう一度スイッチを入れてみた。

「あれ?スイッチの反応がない・・・」
スイッチを押した時のプチっというあの感触がなくてスイッチを押したら押し込まれたままになってしまう。
フレームをよく見ると、スイッチの裏側にシリコンでできたカバーがくっついていた。
「そうか!これも付け替えなあかんかったんやん!」
せっかく組み立てた部品をまたばらしていく・・・
カメラを外した時、またピンセットがカメラの上部を摘み取った・・・
カメラは上下真っ二つに分かれて、中にある偏光版?のような物が飛び出した。

背中がぞわ〜っとなる・・・

頭の中に「失敗」の二文字が浮かんで・・・墜落した。

カメラを起動してみたが予想通り画面は黒いまま・・・

修理をここで諦めるのか、はたまたカメラパーツを手に入れるのか・・・

5分考えて、結局黄金品質のサイトをもう一度開いて3,880円のカメラを発注した。

部品が届くのに9日〜13日かかります・・・
ということで修理は中断・・・
続きは後日ということにあいなりました。

海がボソっとつぶやいた。
「専門家に任せた方が結局安くつくんちゃうの?」

v( ̄∇ ̄)v


2016年08月24日

84歳の誕生日

私の母の誕生日・・・
「ルグランシャリオで美味しい紅茶とケーキを食べに行こうね」と、約束していたのに、当日の朝になって、
「今日は病院も行かなあかんし、ケーキを食べに行くんは涼しくなってからでええわぁ」
と電話がかかってきた。

「出たぁ!ドタキャン!」
母は昔から出不精である。
うちの子たちのオタクな性格はこの母の隔世遺伝に違いない。

しょうことしゅんしゅんは、ばぁばの誕生日に毎年メッセージカードを贈っている。

海は「めんどくさい」と言ってずっと書きたがらへんかった。
それが今年はなぜか書く気になったようで、ペンタブで母の似顔絵を描き、私に送ってきた。
「これをばぁばに送っといて」

「いや、送っといてって言うけど、ばぁばはスマホも持ってないし、パソコンは開こうとしないし、どうやって見るんよ!」

ということで、プリントアウトして持って行った。

1472223698175

「上手やねぇ・・・ほうれい線までしっかり描いてくれてるんやねぇ・・・」
水彩画調に描かれたおばあさんの絵を見て母はちょっとショックを受けていたみたい。

次はマイナス5歳ぐらい若く見えるように描いたって〜v( ̄∇ ̄)v


rumichan2525 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)家族