2008年04月17日

今日もぐるぐる

しょうにが算数の時間に時計の読み方を習っている。
しょうには計算はわりと得意だが、まだ時計は読めない。

短い針と長い針で文字盤の読み方が変わるというところが難しいようで、つまづいているらしい。

「短い針が1と2の間にある時は小さい方の数字で1時やで。
長い針が1の所にきた時は、小さい目盛の5を読むんやで。」
ってな調子で教えるんやけど、ち〜っとも理解でけへんみたい。

チャレンジ2年生のテキストの中に「いろいろな時計をよもう!」という単元があった。
柱時計やら、はと時計、デジタル時計など色々な時計の写真の時間が問題になっている。

「学校の時計」の文字盤は3・6・9・12の数字だけで10時45分を示している。
しょうにの答「9じはん」

「おじいちゃんの時計」は文字盤がローマ数字で5時15分を示している。
しょうにの答「25じ3ふん」(Back to the Future?)

「はと時計」は3時半を示している。
しかしはと時計は文字盤に数字がない。
しょうにの答「15じはん」....(う〜ん、間違ってないんやけど...)

ここでなんにもらった「あきまよのお下がり」のお道具箱の時計が役立つ時がきた。
(今しょうにが使っているお道具箱に時計は入っていない)
ぐるぐるまわしながらお勉強。

「短い針が11と12の間にある時は小さい方の数字の11時やで。わかる?」
「うん」
「短い針が12と1の間にある時は...」
(はっ!しまった!12は1より大きいやんか!)

えらいこっちゃ!なんて言うて教えたらええねんっ!?

誰か時計の読み方を上手に教えられる人いてませんか....?

rumichan2525 at 23:57|PermalinkComments(6)TrackBack(0)子供 

2008年04月16日

腹痛!の昔話

ぐるぐるまわる練習をしていたら昔の事を思い出した。

私は幼稚園から小1にかけて、ダイエーの中にあった文化教室でバレエを習っていた。
真っ赤なレオタードを着てつま先を外に向けて立つ。
O脚の私にはそれがどうしてもできなかった。

幼稚園のお遊戯では、皆と逆の動きをして、先生に手をぴしゃりと叩かれたどんくさい私。
そんな私がバレエなど踊れるはずもない...
しかし母は、テレビでやっていたクラシックバレエを夜11時ぐらいまで一生懸命観てていた私を見て、バレエを習わせようと思ったらしい。

ところが、バレエを習いだして半年もしないうちに、友達の家の前のじゃりの駐車場で、バックする車にひかれた。
運転していたおじさんは私をひいたことに気づかず走り去ってしまった。

おとなしかった私は、友達の家で泣きながら「タイヤにひかれた...」と言った。
意味が分らなかった友達のお母さんは、すねに絆創膏をはってくれた。
そのままチャリンコに乗って家まで帰った私。

(このころからチャリンコは私の友達や!)

この事故が原因でバレエを辞めてしまった。
事故さえなければ今頃は...
そんなのニラレバや...(なんでやねんっ!たらればやろが!)

ちなみに、ひき逃げのおじさんは、私が顔をはっきり覚えていたので裁きを受けた。
お見舞いに小学1年生の本を持ってきてくれたこともはっきり覚えてます...

rumichan2525 at 22:38|PermalinkComments(10)TrackBack(0)趣味 

2008年04月15日

腹痛!のある1日

日曜日に楽しいバレ〜ボールに行ったつけがまわってきて、夜なべでちゅういちのゼッケンをつけることになってしまった私。
まりりんとなんの事を思い浮かべながら3枚のゼッケンに明朝体で名前を書き、チクチク縫いつけた。

ゼッケンつけが終了したのは2時を回っていた。
さらに給食エプロンとカッターのアイロン....
主婦の仕事は続く....
4時就寝、6時半起床。


月曜日の朝は慌しい。
まずはちゅういちの弁当作り。
愛情を込めて適当に作る。

検尿の提出もせなあかん!
しょうごはともかく、しょうには母がお手伝い。
母に見つめられた小さなウインナーはいつもよりずっとちっちゃくなって放尿を拒否...
「しゃ〜ないなぁ、ご飯食べてからでええよ〜」
なんて心の広い母なんでしょう...!!(普通か)


ちゅういちは出発時間になってから「学ランのボタンが取れた〜」と騒いでいる。

しょうごは「検尿に失敗した〜」と騒いでいる。

寝不足で頭がぐるぐる回ってきた母のイライラは頂点に達した!!

叫びそうになるのをなんとかこらえ、裁縫道具を出してきてボタンをつけようとすると...

ありゃ?

最近のボタンは裁縫道具使わへんねんねぇ...
ボタンの裏側からプラスチックの留め具を使ってボタンを挟むだけ。
ユニバーサルデザインやな....(ちと意味が違うか)
感心してる場合やない!
ボタンの留め具はいったいどこへ行ってしもて〜ん!?
足の踏み場がないほど散らかった我が家で物を探すのは容易ではない。
やっとのことで留め具を探し出して皆を送り出した。


11時からはエアロビクスの時間。
マンション内には鏡つきのフィットネスルームがあり、そこへエアロビクスのインストラクターが毎週来てくれているのだ。

若い頃はエアロビクスなんかに興味なかったけど、毎週続けていると、気持ちよく汗もかくし結構楽しい。

インストラクターの先生はその時の流行を取り入れたステップを考えてくれる。
ビリーはもちろん、オッパッピーや、そんなの関係ね〜の振りつけが入っていたこともある。

最近のブームはなんといってもコアリズム...
「痩せたいなら腰を振れ!」を合言葉に杉本彩が宣伝している色っぽい動き...

今回のエアロではその動きを取り入れ、腰をぐるぐる回しながら自分もぐるぐる回るという、私にとっては難易度の高いステップが入っていた。
腰をぐるぐる、自分もぐるぐる〜

腰をぐるぐる、自分もぐるぐる〜

ぐるぐるぐるぐるまわってまわって

まわってまわる〜...


じゃいさん、主婦って、ホンマに忙しくて目が回る仕事やねんでぇ...!

rumichan2525 at 21:42|PermalinkComments(7)TrackBack(0)主婦のお仕事 

2008年04月13日

私の親友

今日私は幻を見たのだろうか...

それはバレーボール練習会の会場で

かげろうのように目の前に舞い降りた妖精...



ジュディオング

rumichan2525 at 22:32|PermalinkComments(13)TrackBack(0)お気に入り 

2008年04月12日

不審者(!?)情報

リキマルさん似のイラストを見ていてふと頭に浮かんだ人がいる。

うちの近辺でよく見かけるスポーツ刈のおじいさん。
いつも緑のジャージの上下を着ているのだが、ズボンのゴムがゆるくてお尻が半分でている。
思わず、「ゴム入れ替えましょか?」って言うてあげたくなる。

人呼んで「みどじゃのおっさん」

このみどじゃのおっさん、近所の大きな家から出てきたという噂もチラホラ...
案外お金持ちなのかもしれない。

ある晴れた日、Myチャ〜リ〜を軽快に飛ばしていた私は、マンションの通称「木漏れ日の小路」でみどじゃのおっさんに出会った。
そこには黄昏時になると高校生ぐらいのカップルが愛を語る(?)素敵なベンチがある。

たっ...たのむからその半ケツ状態でベンチに座るのだけはやめてや〜!!


これからはそのベンチには決して座るまいと固く誓ったのは言うまでもない。
(残念なことに愛を語る目的で座ったことはないんやけど...)

先日、駅の階段で見かけたみどじゃのおっさん...
ついにゴムが切れたのか、ジャージがえんじ色に変わっていた。

これからは、みどじゃ改め「えんじゃのおっさん」と呼ばせてもらうわ〜

みなさんのご近所にも名物おじさんやおばさんっていてますか?


rumichan2525 at 21:17|PermalinkComments(8)TrackBack(0)主婦のお仕事